マイナポイントとはぶっちゃけなんなのよ?各社比較してお得にポイントゲット!

趣味・トレンド・独り語り

こんにちは。

どろろーなです。

今回は日々ニュースで見る「マイナポイント」について説明していきます。ぶっちゃけマイナポイントって何かわかる人ってどれくらいいるんでしょうか?よくわかんなくない?ということで、その仕組みから説明していきます。

何はともあれちょっとめんどくさいけど、少しの手間でお金がもらえるなら申請してお金もらっちゃいましょう!!

マイナポイントってなにさ

マイナンバーカード・電子決済普及のためのキャンペーン

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、
選んだキャッシュレス決済サービス(※)でチャージやお買い物をすると、
そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが
「マイナポイント」のしくみです。(お一人あたり5,000円分が上限です)

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/

マイナポイントは、マイナンバーカードと電子決済を普及するために実施されているキャンペーンです。ニュースなどでも日々見かけることが多いため、「なんなん?どこで使えるポイントなん?」とか思ったりする人も多いんじゃないでしょうか。

このマイナポイント、ポイントと言っていますが携帯やアプリの中で「マイナポイント」として貯まるわけではなく、選択した電子決済サービスで貰える還元金額が「マイナポイント」なのですね。つまり、マイナンバーカードがあれば決済できる!や、マイナンバーに紐づいて使える単独で使えるポイント!というわけではないのです。

つまり、マイナポイントとはいいつつもポイントプラットフォームのことではなく「マイナンバーカード等を広めるためにやってるキャンペーンの総称」くらいの認識が一番近そうです。

これ、個人的には結構ややこしポイント(マイナポイントなだけに)と思ってるのですが、私だけ?

ポイントをもらうための手順

  1. suicaやpaypayなど、何かしらの電子決済と対応スマホを用意する。
  2. マイナンバーカードを用意する。(マイナンバー通知カードではないですよ)
  3. マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)をする。
  4. マイナポイントの申し込みをする

1に関しては多くの人は条件を満たしているので大丈夫ですね!一応心配な人はこちらをご確認ください。(総務省 対応スマホ機種一覧)

2で、マイナンバーカードを用意しましょう。マイナンバーが創られたときに来たカードは「マイナンバー通知カード」でマイナンバーを教えるだけのもののため、マイナンバーカードがない場合は申請が必要です!マイナンバー通知カードの下についているQRコードから申し込み申請しましょう。通知カードもない場合はお住まいの市区町村の窓口で再発行手続きができます。

このとき、マイナンバーカードの「電子証明書」の発行が必要ですので、「不要」にしないようにしてくださいね!

3,4はマイナポイント公式ホームページ、またはアプリから手続きが可能です。ここまでくれば賢いあなたならもう大丈夫ですね!(めんどくなって説明していないなんて言えません)

というわけで現時点では「マイナンバーカードの発行」が一番腰が重そうです。また、マイナポイントが付与されるのは1つの電子決済のみになります。そんなときどの電子決済を選択すればよいか?を次で説明します。

お得な活用方法

お得なのはどの電子決済?suica?WAON?各社比較

マイナポイントによる電子決済普及により、電子決済サービス各社もユーザー取り込みのため様々な施策を講じています。マイナポイントとの連携で〇〇ptプレゼント!みたいな感じですね。では、どのサービスが一番お得なのか?を見ていきましょう。

※マイナポイントキャンペーンによる還元とは別途追加で付与される得点になります。

種類ポイント付与方法上乗せ額備考
SuicaJREポイント1,000円申し込みで1,000円付与。ビューカードから2万円以上チャージしたら抽選で2500人に2000円追加で付与
WAONWAON残高2,000円チャージ額の10%付与のため2万円チャージが必要。
三井住友カードVポイント抽選で10,000円
イオンカードWAON残高2,000円決済額の10%付与のため2万円分決済が必要。
楽天ペイ楽天ポイント500円買い物額の2.5%分が付与されるため2万円の買い物が必要。
LINEペイクーポン2枚10%OFFクーポンが2枚付与。
au PAYau PAY残高1,000円チャージ額の5%付与のため2万円のチャージが必要。
PayPayPayPayボーナス抽選で総額1億円抽選で100万円~500円までもらえます。(ホント?)
メルペイメルカリのポイント1,000円メルカリでの買い物額の5%付与のため2万円の買い物が必要。また、抽選で1000万~5万まで追加で付与。
d払いdポイント2,500円登録のみで1,500円付与、チャージや買い物の5%を追加付与するため2万円の買い物が必要。

各社の得点の比較をしてみると、「2万円分のチャージや買い物が必要」というところが多いですね。還元額もマチマチですが、「登録するだけで他社よりも多いポイント」という点でまずd払いがお得感が強いですね。総額も最も高く、お得な候補ナンバーワンと言えそうです。また、イオングループで使えるWAONも金額が高く候補に挙がりそうです。

d払いはドコモユーザー以外でも使える電子決済プラットフォームのため、「1円でも取りに行く!」と思うならd払いがよさそうです。「そこまでしてまで1,000円は追及しないよ…」という方は、無難にSuica等やWAONなどでも良さそうです

自治体ごとの追加ポイント付与もあるょ

あなたが住んでいる自治体はどこでしょう??自治体ごとにこのマイナポイント連携に際して追加でポイント付与されるキャンペーンを実施している事業所があります。

例えば徳島県では指定した電子決済の利用額の30%を最大3,000円分還元する施策を打ち出していたりします

住んでいる自治体のホームページは是非チェックです!!

まとめ せっかくならお得に活用しちゃおう!

今回はよくわからんマイナポイントの説明をいたしました。基本的には、自分が使っている電子決済サービスとの兼ね合いでお得なサービスを選択していけばいいという感じでした。

マイナポイントの付与額と電子決済の還元額、加えて自治体の還元額を加味したら合計で1万円以上のバックも期待できますね!

…とかいいつつ、実はまだマイナンバーカードを発行していないどろろーなでした…

タイトルとURLをコピーしました