【1440分の使い方】まとめ+書評。一日の時間、意識してますか?

仕事・就職

こんにちは。

どろろーなです。

1日は24時間、有限ですね。今日はそんな時間に関する書籍を紹介したいと思います。

【1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣】 著者: ケビン・クルーズ

【1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣】

本書は表題の通り「時間管理の秘訣」というテーマで執筆された本で、「7人の億万長者、239人の起業家、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生に学ぶ生産性向上の日常習慣」という副題です。

ビジネスシーンや日々の日常における様々な場面において、ケーススタディチックに時間管理の秘訣を説明しています。例えば日々の仕事でたくさん来るメールに関することや、無駄な会議の解決法、朝起きてからの行動など様々な場面において著名人がどのように行動しているのか?と、場面に合わせて展開されていく形式になっています。

そのため、ストーリーチックに読める部分も多く非常に読みやすい印象!ただ、体系的にまとまっているわけではないため自分の中での落とし込みはしっかりとそれぞれの名言をワードとして落とし込む必要があるかも知れません。

今回は本書で書かれているテーマの中でも特に意識したいと思った3テーマをピックアップします!

1440の威力 時間は買うこともレンタルすることもできない

勘のいいあなたならきっとお気づきのことと思いますが、1日は1440分なんですね。24時間=1440分は、人類みなにとって唯一平等に与えられているものなのです。本書の中では時間が「最も大切なもの」としてフォーカスされています。

失った時間は決して取り戻せない。

時間を消費してしまったから追加で手に入れよう、というわけにはいかない。時間は買うことも、レンタルすることも、拝借することもできないのだ。

本書

人類はこの与えられた時間を有効に使いたいと考えています。でも、それを実行に移している人はどれほどいるだろうか?という語り口から本書は始まります。1日が24時間あると考えると、たった30分の二度寝なんかもついついしてしまいがち。しかし、その「30分」で一体何が出来るだろうか?あなたにとって最も価値のある共通資産を、どう使っているだろうか?と。

1日1440分の例えばその1分で、自分どんなことができるか?想像し、自己を律することをイメージすることが重要である、とまず前提について語られます。

ビジネスゲームでキャラクターを作るとき、割り振れるキャラクターポイントが10ポイントあるなら、私は3ポイントを知性に、7ポイントは自制力に割り当てる。

アンドリュー・メイソン(本書引用)

To Doリストをやめる タイムブロッキング術

ビジネスにおいて時間を浪費するツールであるTo Doリスト。例えばビルゲイツやスティーブジョブズなど、時間に追われる偉大な経営者たちが本当にTo Doリストを持ち歩き「次はなんだっけな?」と首をかしげながら仕事をしていただろうか?と疑問を投げかけます。

To Doリストでの仕事の管理は緊急性の高いものに飛びつきがちであり、時間のかからない仕事と時間のかかる仕事が混在してしまうため、効果的なタイムマネジメントにおいては問題があると本書で語られます。事実、「To Doリストの項目の41%は永遠に終わらない」という研究による証明が為されており、重要でないことに時間を使ってしまい、リストの項目の多さで精神的なストレスも追うということです。

本書では、ビジネスもプライベートも本当にやるべきことは「タイムブロッキングするべき」と語ります。タイムブロッキングとは、やるべきこと 検討するべきことをスケジュールとして入れ込むことです。1日の予定をタイムブロッキングで組むことにより、スケジュール表にない「やらなくてもいいこと」は片付かないが、「本当にやらなければならないこと」は嫌でも片付くと

勿論想定外の仕事や緊急事態が発生することもあるため、重要な項目は1日の出来るだけ早い時間帯に割り当てておくことです。そして、タイムブロッキングした予定は、「診察の予定だと思って取り組む」べきであると語られます。

殆どの人は、自分で決めた予定をあまりにも簡単に覆してしまう。例えば、4時から5時までは会社で重要な報告書を書くと決めた後に、「相談したいことができた」という理由で同僚から15分くれと頼まれたら、どうするだろうか。反射的に「いいよ」と答えながら、報告書は45分で仕上げようとか、予定を15分遅らせようとか、何らかの方法で時間調整しようと考えてしまうのだ。

しかし、これが報告書の作成ではなく、病院や歯医者の予約だったとしたらどうだろう?その時間を同僚に譲って、15分遅れで診察室に現れるだろうか?

本書

一度しか触らないルール

例えば仕事が終わり家に帰って、郵便物をポストからピックアップして部屋に戻ったあなたはまずどうするでしょうか?または、ビジネスでメールが来たときにどうするでしょうか?

ざっと差出人やその届け物の種類を確認し、封を開けて内容を一読する。そして内容を把握したのちに一旦郵便物であれば一旦机に置き、家事をしたりする。メールであれば一度メールは閉じ、別の作業をしたあとに返事をしようと考える。そのときにはまた内容をもう一度読まなければいけないというのに!

成功している人は皆ほぼ何に対してもその場ですぐ対処する、と本書では語られます。それが最も効率的であり、最小の気力で物事を進められるとわかっているのです。すぐに対処できることは1度目ですぐ処理。何事にも一度しか触らないことで効率的に時間を創出し、少ないパワーで達成する

勿論すぐには対処できないことやメールもあるので、それらは前述した「タイムブロッキング」でスケジュールとして予定する。そうすることにより時間管理の面からも精神的な面からも良好な成果が得られます。

繰り返し同じものに「触る」ことをやめたら、どれだけ時間が増えるだろう?何度でも言わせてもらおう。一度しか触るな。

本書

読後の感想

24時間しかないよりも1440分しかない!

多分、時間が人類全員にとって平等であると同時に、大半の人は「時間は大切だ」と理解はしてるんですよね。でも、僕も含めて本当にその価値ってわかっているのか、というときっとそうではないのだろうなと。

僕も結構怠惰な人間だったりするので、朝は二度目しちゃうし趣味の時間も大切にしたいから怠けてしまいがち。(それはそれでいいと思うんですけど)それによって自分が本当にするべきことを見失ってしまうのは、1日が24時間だからと考えているからなんじゃーないかと。

1440分のうち、怠けた30分があれば自分の目標に対して、どのようなことが出来たか?をイメージして時間への意識を高めることが重要ですね。そして同時に、「自分とって最も重要なことを理解すること」も同様に重要だと思います。

私はこの(自分の自制心との)戦いを、未来の自分をやっつけるためのタイムトラベルと捉えるのが好きだ。健康を例にとると、まずこう考える。未来の私は健康目標をどのように妨害してくるだろうか?どうしたら今の私はそれを阻止できるだろうか?

本書

全体を通して、時間管理に関することだけでなく自らの「ミッションに関する考え方」に関しても改めて見つけなおすきっかけになる表現が多々ありました。

本書に革新的な方法論はない。だけどヒントがたくさん隠れてる

前述の通り、本書は体系的に書かれたスキルブックではありません。どちらかと言えば過去の偉人や著名な経営者がどのように考え、どんなケースにどんなことをしていたか?という例から、読者に対して語り掛ける内容です。

出てくる内容も、そこまで新しい革新的な方法は一切ないと思います。ですが、今まで何気なしにしていたことに対して警鐘を鳴らしてくれる…というか、気づきを与えてくれるエッセンスが随所にたくさんあるなと感じました。

内容の部分では触れませんでしたが、「無駄な会議」に関するテーマもあります。日本の会社にいると本当に無駄な会議が多いなと感じますが、それにをどう解消していくか?グーグルやアップルではどうしているのか?等、ポイントポイントで学びがあったりしちゃったりします。

「普通だけど無駄なことや本質的でないこと」に気が付き、「自分を変える」きっかけになるといいですね!

まとめ

ということで、今日は【1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣】についてまとめました。

正直内容の部分に関してはかなりかいつまんだ紹介になっていて、もっともっとボリュームがあります。内容が気になりましたら是非是非購入して読んでみてください!

…と、まとめながら今朝の二度寝を悔いているどろろーなでした。

タイトルとURLをコピーしました